Sumibi-Yakiniku NANDAIMON

03-5994-0902

0359 940 902

こだわり -Concept

南大門の炭火に対するこだわり
Why Charcoal fire?

何故炭火が旨いのか?

赤外線
炭火は赤外線を発します。そして七輪は珪藻土を素焼きしたセラミックス。こちらも加熱すると強い赤外線を発生します。赤外線は電磁波なので、じっくりと表面から均一に加熱され、焼きムラなくほんがりと仕上がるのです。
燻煙効果
肉を焼くと肉汁が落ちて煙が発生します。この煙が肉になんともいえない美味しい風味をもたらすのです。肉に限らず、魚、焼き鳥も同じです。
水分が少ない
ガス火には水分が多く含まれますが、炭火はほとんど水分を含みませんから、
これは表面のカリカリ感を生みますので、肉がベタ着くことはありません。
旨味成分増加
炭に含まれるミネラル分がうま味成分アミノ酸を増やす働きをするそうです。
1000度の高火力
炭火は通常500度前後で安定した火力を保ちます。これをうちわなどで扇ぐと一気に1000度にまで上昇するため、どんな食材でも絶品のお料理へと導くのです。
ドーパミン効果
炭火で焼いている間、視覚・嗅覚・聴覚がフル回転します。そして脳内には快楽物質(ドーパミン、セロトニン)が発生し、胃の動きを活性化し、唾液の量が増えたりするそうです。

南大門の食材に対するこだわり
Persistence in flavour

5つの極。みなさんに愛される焼肉店でありたい。

和牛
黒毛和牛中心ですが、鹿児島産や北海道産など、質のよいものを毎日厳選して仕入れています。冷凍は一切使用せず、新鮮な最高級和牛をご提供致します。
南大門自家製のタレ
自家製のタレは、社長お勧めの自信作です!素材を丁寧に加工して、肉のうま味を十分に引き出せているか何度もチェックして出来上がったタレです。
こだわりのご飯
ご飯にもこだわりを持っています。新潟県の農家から直接仕入れた「こしひかり」。お肉の味をさりげなく引き立ててくれるご飯は、焼肉店では忘れられがちですが大切な脇役者です。
自家製キムチ
当店の隠れた逸品といえば自家製キムチです。程良い辛さと甘さ、食感は食欲を高めてくれます。お肉とも相性ぴったり!カクテキ、オイキムチも是非お試し下さい。
食べ応え
上カルビや上タンは、十分な厚みにカットしていて食べ応え十分。表面にさっと焼き色を付ける程度で食べると、濃厚な肉汁がジュワーッ。うまみがギュッと閉じ込められていて、思わず言葉を失うほどの旨さです。